売りたい不動産が相場価格と比べてどの位置にいるのか調べる方法4つ

不動産売却相場価格はどのように調べたらいいのか

このページでは「不動産の売却相場価格を調べる方法」について、自分で出来る具体的な4つの方法について分かります。

家やマンション、土地など不動産を売却する前に、実際の売却相場価格は今どれくらいなのかについて事前に知っておくことが重要です。だけどどうやって調べたらいいのか分からない・・・。という場合のために、いくつかのパターンに分けて売却相場価格を調べる方法についてまとめてみました。

①不動産売買情報サイトで相場価格を調べる

一般的な方法として、不動産情報サイトを使って売却相場価格を調べることができます。情報サイトはたくさんありますが、ざっくりとした情報を調べるならスーモ、より細かく調べるならアットホームが使いやすいですね。

ここではアットホームを使って調べる方法を紹介します。

まずここでやるべきことはアットホームサイトの上部で「売る」ではなく「買う」を検索します。

自分の不動産が該当する区分(新築・中古マンション・一戸建て・土地など)を選択、エリアを選択します。

アットホームの「買う」から区分を選択
戸建、マンションなど自己売却物件と同じ区分を選ぶ

都道府県が出てくるので選択。

都道府県選択画面
該当都道府県を選択

続いて地域を選択。

地域選択画面
「地域」が一番わかりやすい

市町村区など更に詳細を選択。

市町村、区を選択する画面
該当エリアの近隣も選択してみてもOK

物件一覧が出てくるので、並び替えで「価格が安い順「間取り順」などで検索してみる。

検索結果画面
価格・間取り・築年数・駅徒歩分数などが比較多少

このように、より詳細な条件を設定するほど、自分の不動産と近い情報を出すことができるので便利です。

②国土交通省のサイトで実勢価格相場価格を調べる

国土交通省では、不動産を購入した人に対してアンケートを実施しており、実際の売買価格情報を四半期ごとに公表しています。

写真がないこと以外は基本的に一般の不動産売買情報サイトと変わりませんが、地図上に表示された物件情報をクリックすることで一覧化されて必要最低限の情報が表示されます。

坪単価や面積、㎡単価などもひと目で分かるようになっていますので、参考価格を参照するためには分かりやすい情報と言えるでしょう。

実勢価格の検索結果
実際に売買された価格なので参考になる

③近隣を歩く・チラシをみて相場感を掴む

マイソク
不動産屋の入り口にいっぱい貼ってありますね

自分が売りたい物件の相場価格を知る方法として一番実感しやすいのが、実際に自分の足で歩いて目で見てみたり、投函されるチラシを意識的に集めておく方法です。

もちろん、数事態が多いわけではありませんが、近隣にある不動産屋の外に出されている広告用の看板や貼りだされている情報、売りだされている物件情報には普通に目を通すことができるので、リアリティが感じられてより価格が分かりやすく感じられます。

また、いつもは邪魔に感じる(?)物件情報に関する不動産屋のチラシなども相場感を掴む時の参考になります。売却募集のチラシも投函されていたりするので捨てずに一度目を通してみましょう。

チラシには意外と細かい情報が入っている場合があり、方位や用途地域、土地や建物に関する詳細が入っていたりするので、これから不動産を売却しようと思っている場合の相場価格だけでも参考になるでしょう。

ただし何度も目にするチラシ広告は要注意

投資家やオーナー、実際に居住したい人が殺到するような人気物件であれば、売却される前から既に買い手が決まっている場合がほとんどです。人気物件は売り手がなんの努力をしないでも勝手に売れていきます。

不動産はスーパーで買い物をすることとは訳が違い、ホンキで探している人たちは常に情報網を張り巡らせて、良い物件が出るという情報が入ればすぐさま押さえに掛かります。

これに対して、売れない物件はどれだけ長期間売りに出されていても売れません。しかしながら、不動産屋も売れない物件をそのまま放置しておくわけにはいかないので、あの手この手で不人気物件が売れるように施策を施します。

その最たる例が「チラシ広告」。

私たち一般ユーザー(買い手)にとっては、その物件の条件が良いのか悪いのか、またなぜ不人気になっているのかなどは専門家でもない限りすぐに判断はつきにくく、むしろキレイに装飾されてお値打ち物件の広告が入ってくると、「これ安くていい!」となりがちです。

優良物件ならわざわざチラシ広告を打たなくても勝手に、しかも秒速で売れていきます。これに対してチラシ広告の物件は広告を打つことで売れるかもしれない物件。

さらに、何度もなんどもチラシ広告が打たれる物件は要するに今まで売れなかった「売れ残り物件」ですよね。

その物件価格が相場価格として参考になるのかどうかは言わずもがな、です。

もちろんチラシと同条件なのにスグ売れる物件もあります。つまり物件次第ということ。相場価格として捉えるのは参考程度にしておくのがよいですね。

①~③どの方法においても平米あたりの単価を出してみる

実際にリサーチしてみた物件に対しての平米数あたりの単価を出してみましょう。

計算方法は簡単です。

1㎡あたりの価格計算式:物件価格÷物件面積(㎡)

この計算式で1㎡あたりの相場価格を算出すれば、あとは自分が売却予定の不動産平米数を掛けることでおおよそこれくらいで売れるだろうという相場価格を割り出せます。

例で見てみましょう。

調べたマンションが70㎡3500万円、あなたが売りたいマンションが60㎡だった場合

  • 調べたマンション価格: 70㎡で3500万円
  • 調べたマンション㎡単価: 50万円
  • あなたのマンション売却相場価格: 60㎡×50万円=3000万円

上記のように相場価格に対する自分の売却予定物件価格を概算で算出することは可能です。

けれどもこれはあくまでも「概算価格」であり、実際の売却価格とは大なり小なり変わってくることは言うまでもありません。実際の売買ではさまざまな要件が加わってきます。

買い手の値引き交渉で価格は変わる

買い手の値引き交渉で価格は変わる

仮に概算相場価格で売却金額に目測を付けた価格がほぼその通りの査定価格になったとしても、実際には買主が値引き交渉をしてくるケースが考えられます。

先ほどの事例のように、実際には3000万円の相場価格であったとしても、買い手が購入申込書で希望買取価格を2700万円で出しているかもしれません。

値引き交渉を重ねた結果として、結局2800万円で落ち着かざるを得なくなることも十分に考えられます。

実際には数百万円単位で売却価格が変動することはよくあるケースとして捉えておくべきでしょう。

売り手の希望によっても価格は変わる

売り手である自分自身の都合によっても売却価格は変動する可能性があります。例えば、「出来るだけ早く売りたい」やその逆に「時間が掛かってもいいから出来るだけ高く売りたい」といった期間や希望価格によって変わってくるのが良い例です。

例えば、手っ取り早く早く売りたい場合なら、実際の相場価格よりも値段を下げて売りだせばいいし、高く売りたいなら時間がかかることを覚悟の上で相場価格よりも高く売り出す、ということが挙げられるでしょう。

査定に携わるのは不動産会社ですが、実際の売値についてはあくまでも私たち売り手に希望価格の決定権があります。それが売れるのかどうかは別として、です。

④査定&見積りをしてくれるネットサービスを活用する

一括査定見積もりサイト
複数社から同時に査定が受けられる

売却にあたって相場価格をひと通り調べ終わったら、無料オンライン不動産査定サイトを使って、自分が売りたい不動産がいくらで買取査定されているのか調べてみることをおすすめします。

インターネット査定の最大のメリットは、たくさんの不動産会社に対して一度に見積もり依頼を出せるという点。自分の家や土地、マンションを買い取りたいという不動産会社が多ければ多いほど、交渉による競争が生じて売却価格がつり上がりやすくなります。

インターネットで最近人気が高まってきた一括査定サイトでは、大小1000社の不動産会社が加盟しており、運営実績も10年以上と長く、すでに数百万人以上の人たちが活用しています。利用はもちろん無料なので、安心して査定を受けることが可能です。

自分の家、マンション、土地など売りたい不動産を最高値で買ってくれる大手~地元密着型の不動産会社を厳選して数社無料で紹介してくれます。同時に相場も分かって一石二鳥。

複数社の査定をしたことで、中には1000万円以上の差額が付いた実績も。ぜひとも使っておきたいおすすめサービスです。

電話やメールでのサポートも充実しているので、既に不動産売却を決めている場合、または価格次第で売却したいという場合は、一度試してみてくださいね。

ただし注意点!

不動産会社が指し示す相場価格はあくまでも過去事例を元に出されています。もちろんプロの目から見た相場感は人によりけりですが正確な場合が多いです。ただし、過去と今では価格変動している可能性も十分にあります。

直近の事例でどのくらいの価格で売買されている価格なのかどうかはしっかりヒアリングしておくべきですね。

相場価格を知ることで売却価格を決定する一つの目安になりますが、あくまでもそれは目安で、実際には査定~価格決定~売却までが適正な流れであり、初めてそこで売却価格が確定します。

より高く売りたい場合には、やはり複数の査定を受けて、優良な仲介会社と接触する機会を増やすことがとても重要です。

まとめ

売り主にとって不動産を売却するということはかなり大きな出来事ですのでしっかりとリサーチをしておきたいところ。ただし、注意しなければいけない点として、「実際に査定を受けてみないと正確な売却価格は分からない」ということです。

売却相場価格を調べて細かく把握したとしても、実際に自分の不動産が相場と同等の価格で売れるかどうかは、実際に売るまでは分からないわけです。

売る・売らないは置いといて、相場感をつかむためにも無料一括査定サービスを活用してみるのもありです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました