不動産買取のメリット7つとデメリット1つ。両者をよく理解した上で利用の判断を

不動産買取のメリット・デメリット

このページでは、「不動産買取りのメリット・デメリット」が分かります。

一般的な不動産売却は買主と売主の間に入って取引を進めていく「仲介」が一般的です。

これに対して、仲介ではなく売主から直接物件を「買取」する業者もいます。買取して再販だけを専門に行う「買取再販業者」も存在します。

買取については、その場ですぐに判断され決済までいく「即時買取」と、一旦買主を探してもし見つからなければその不動産業者が買取をするという「買取保証」の2つが挙げられますが、いずれにしても最終買取になるという意味ではどちらも同じ。

この不動産買取に対するメリットやデメリットについてここでは分かりやすくまとめていますので、ご自身の考えや物件売却の参考にしてみてください。

不動産買取のメリット7つ

不動産買取のメリット・デメリット

買取で得られるメリットとして挙げられるのは下記7つ。ご自身が下記に当てはまるようであれば買取を検討してみても良いかもしれません。

メリット①:不動産をすぐに現金化できる

仲介を通じて売買する場合は売りに出す準備や宣伝広告、販促活動を行い、買主を探していくという経過が必要で、物件次第ではなかなか売れずに時間だけが過ぎていくケースも多々あるなか、買取の場合は目の前の業者が買取を確定してくれるため、すぐに現金化可能。

メリット②:仲介手数料が不要

直接取引なので仲介が存在しないため、仲介手数料を支払う必要がない。

メリット③:周りに知られず売却しやすい

田舎では特に多いご近所さんの目が気になる売主も多い中、「売り物件」などの看板を立てずとも売却できる。

メリット④:ノンクレーム・ノーリターンで売却可能

たとえ不具合箇所があったとしても、また購入後に支障が発生したとしてもそれを踏まえて買取されるため、売却後の不安や負担、リスクがない。

メリット⑤:問題を抱えて売りづらい物件でも買い取ってくれる

心理的瑕疵(死亡などの事故)があったり隣地が境界の確定に協力してくれないなどの物件だとしても買い取ってくれる。

メリット⑥:内覧など立ち会いが不要

突然の内覧希望者への対応など売出し中に対応しなければならない手間が一切ない。

メリット⑦:残置物を処理する必要がない

物件の中に残している家具や家電、衣類など生活用具が残されたままでもそれを加味して買取されるため残置物処理の手間がない。

このように不動産買取には沢山のメリットがありますが、これらを全てひっくり返すほど大きなデメリットもあります。

不動産買取唯一無二の大きなデメリット1つ

不動産買取で発生しうる唯一にして無二の大きなデメリット、それは買取価格が仲介売却に比べて圧倒的に安くなる可能性大、ということです。

数字でいうとよく15%~30%などと言われたりしていますが、物件によっては半分以下の価格になっているケースも普通にあります。

特に相場をよく理解していない、何らかの理由で人知れず、しかも素早く売却したいなどの理由を抱えた物件の場合は大きく買い叩かれている事例をよく見かけます。

なぜ安くなってしまうのか?

これは言うまでもなく上記デメリットを全て買取業者が引き受けているためです。

更に言うと、買取業者の使命は圧倒的に安く買い叩いて高値で売り抜けることだからです。

一般の人には処理することが難しい物件でも、百戦錬磨の買取業者ならそれでも高く買ってくれる買受先をしっていたり、リフォームやリノベーションを施せば光るお宝物件に化けることを知っているため買取しています。

もちろん買取業者でも利益を得られずに損切りせざるを得ない物件に対して値付けを間違えて買ってしまう場合もありますが、全体的に見るとそれでも他の物件でリカバリーできているため総合的に見て勝算ありとみれば買取をする、それもできるだけ負ける確率を下げるために安く買っています。

当然売買にかかる諸費用も買取業者持ちです。

売買及び再販に伴う諸経費
  1. 不動産取得税:土地価格×3%+建物価格×4%
  2. 所有権移転費用:土地価格×1.5%(平成31年4月1日以降は2%)+建物価格×2%
  3. 抵当権設定費用:設定額×0.4%
  4. 契約書印紙税:1,000万超5,000万以下1万円
  5. 建物消費税:売却時の建物割合に対して8%
  6. 司法書士報酬
  7. 融資手数料・保証料
  8. 残置物処分、建物解体費
  9. リフォーム費
  10. 土地測量費
  11. 販促費
  12. 保有・維持コスト(借入金利、固定資産税、管理費・修繕費等)

上記が全てかかるわけではありませんが、それでも多くの費用と手間をかけて買取するわけですから当然これらのコストも勘案して安く買わなければ割にあわないためある意味当然とも言えます。

もちろん上記コストを差し引いても「それはいくらなんでも安すぎでは…」という買取価格を提示されることは普通です。

買取を選んだほうが良いのはどんな人?

上記メリットで挙げたケースで、「すぐに現金化したい人」や「ご近所さんに知られることなく売却したい人」の場合は買取の選択肢を検討してみても良いでしょう。

また「そのままの状態では買い手が付くことが困難であることが予想できる物件」なども買取を要検討です。

例えば築40年以上経過しており状態がかなり悪い、火災や何らかの事故があったなど、フルリフォームを検討しなければならない場合です。

不動産業者は我々よりも安くリフォームできる

たとえば3LDKマンションで水回りからドア、壁、床、窓、排水管に至るまでフルリフォームを掛けた場合、一般的には500万円、状態ややり方によっては1000万円以上になることも普通にありえます。

これだけの金額をリフォーム代として支払ってから売却に掛けたとしても、恐らく手元に残る金額はかなり少なくなる可能性が高まります。

しかし、買取業者は多数の工事を発注している関係上、個人で依頼する場合と異なり、リフォーム費用がかなり安く抑えられるのが一般的です。

つまり、買取業者はリフォーム代金を抑えつつ物件を仕入れることができるため、個人では利益が出にくい物件でも利益を乗せて売却することが可能になるわけです。

まとめ

冒頭で挙げたメリットに対して魅力を感じた場合でも、買取業者の価格よりも仲介を通して普通に売却した場合の価格差が大きいほど全て解決できてしまうことが十分考えられます。

例えば「問題を抱えている物件」だったとしても買取業者の査定額より高く買い取ってくれる人は高い確率で居る可能性があったり、残置物なども高く売れていれば業者に任せて対応するだけです。

手間を惜しむか少しでも高く売るための方法を選ぶかという選択になりますね。

不動産を高く売るために大切なのは「高く買い取ってくれる人を見つけるために如何に露出度を上げるか」が挙げられます。

つまりその露出度を上げるためには、できるだけ多くの不動産会社に物件を知っていただくことに繋がります。

不動産一括査定を利用すれば、一度に1000以上の業者の目に触れるため利用価値は高いと言えます。

情報を入力してあとは業者に査定してもらうという流れだけですので、売却を取り急ぎ行う必要があるわけではないという方は一度使ってみても良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました